MIDORI'S MUSINGS

college life, study abroad, a haven for my thoughts

MIDORI MUSINGS

college life | travel | photography | diary

シンプルに生きるということ

パナマ最終日、夜行バスで Bugaba から8時間離れた

首都のPanama City に到着し、探索をして過ごした今日。

雰囲気が最高でナイトライフのガヤガヤがベランダから

聞こえてくるホステルで、2週間半の思い出に浸っています。

 

マーケティングインターンシップを無事に終えて、明日の早朝には

カリフォルニアに旅立つのですが、その前に、記憶が褪せないうちに

パナマの好きなことを書きます。

 

この2週間、パナマのど田舎と言っていいほどの農村地区で過ごした

わけですが、その場所はわたしが長い間忘れていたことを

思い出させてくれました。それは、タイトル通り、

シンプルに生きるということ。

 

Bugaba, Volcán, Sortováなど今回訪れた農村地区は発展途上で、

家までの道路も想像の遥か斜め上をいくくらいにガッタガタ。

道路は未完成、すぐ停電し、家のインターネットが6日間切れても

回線会社は来る見込みなし。道の脇にはゴミがたくさん落ちていたりと、

薄汚い印象さえ持つかもしれません。便利とは程遠い。

それなのにまったく気にならない。なんでだろうと考えてたのです。

 

パナマに住む叔母の影響も大きいと思うのですが、農村地区の人の生き方は

すごくシンプルで、無駄なストレスが少ないと感じました。

当たり前のように地産地消を実施し、自ら育てた農作物をマーケットに出し、

停電したらロウソクに火をつけて本を読む。どうしようもないことに

気を取られない。周りと比べない。目があったら笑顔で Buenas と声をかける。

それだけ?と思うかもしれないけど、この「それだけ」の生き方が

どれだけわたしのささくれた心を穏やかにさせてくれたんだろう。

 

f:id:midoriokuyama97:20180629114548j:plain

 

 

ポートランドでは新しいこと=いいこと、正しいことは大声で主張する、

見た目重視、お金持ちの見せ合い、学力格差と収入格差の違い、

なんでもかんでも活動家になればいいと思っている考えの甘さ、

色々と見えてきてしまってストレスになっていたことがたくさんあった。

 

日本では大学生活を終えたらすぐ就活、就職率、就職先、企業ランキング、

会社の付き合い、奨学金の返済、根拠はまったくないけど

「とりあえず3年続けろ」の精神、転職難、年齢差別、

押しつぶされそうなくらいなワードが待ち構えている。

 

パナマで少しだけ生活しただけで自分が住んでいた環境で

どれだけ自分が左右されてしまっていたかがあらわになり、

そのストレスがどれだけ自分には不必要なのかがわかって、

日本とアメリカに帰ればまたそのストレスが待ってることは

理解してたのに、なんともいえないくらい楽になった。

 

 

f:id:midoriokuyama97:20180629114612j:plain

 

 

溢れかえっている物、情報、流行りにまんまと流され、

「普通だから」とわざわざ複雑で難しい生き方を自分に強いて

生きていたら、幸せがすり減ってしまう。そう思った。

 

必要最低限だけど、それで十分だということを思い出した。

その必要最低限の生活の中で幸せそうに生きている人々を

見て涙が出そうになった。

 

もっとシンプルに生きよう。必要最低限をもう一度確認して、

無駄なストレスは自ら避けて、意識的に生きよう。

 

 

f:id:midoriokuyama97:20180629114618j:plain

 

そんなことを思わせてくれたパナマを、これからもきっと

ずっと好きでいるんだろうと思う。

シンプルで、あたたかくて、ちょっと雑で、大らかな国。

この国に出会えて、生き方を少しでも考え直せてよかった。

 

 

f:id:midoriokuyama97:20180629114602j:plain

 

 

 

 

 

パナマで始まる夏休み

お久しぶりです!

 

毎回「お久しぶりです」で始まってしまうこのブログですが

夏休みに入り時間ができたので更新頻度を上げていきたいところです。

 

現在どこで何をしているかというと、パナマの南の

地方にあるBugabaという地区で、叔母が営んでいる果物農場で

2週間半の短期インターンとして住み込みで働いています。

働いていると言っても、かなりのスローライフとも

言えるペースなのでバリバリ肉体労働しているというよりかは、叔母の3つの

ビジネスのうち、農家のビジネス拡大のためのマーケティング戦略などを

考えたり、果物の収穫の手伝いをしたり、マーケットで売る品物を準備したり

しています。最初の数日は思った通り、蚊に食われ、巨大な虫に驚き、湿度の高さに

ぐったりしていました。

 

マーケットのあとにナマケモノに会いに行ったのが

今週のハイライトかな!見てください!このかわいい顔!

 

f:id:midoriokuyama97:20180617032148j:plain

 

これは叔母の農場で有機栽培されたターメリックを使った

ゴールデンミルクという飲み物。アメリカのカフェで見かけるくらい人気。

強烈な食べ物が苦手な私にとってはスパイスの辛味が強いので

思い切り牛乳で薄めて飲んだらちょうどいいくらいでした。

 

f:id:midoriokuyama97:20180617032821j:plain

 

明日はオフの日なのでビーチに行くそう。ポートランドの雨と曇りの

おかげであせてしまった日焼けを取り戻そうと思います。

 

次の更新ではインターンの活動についてもっと詳しく、そして

ヨーロッパ旅行についても書きます!

 

それではまた次回!

 

 

春休み

あれ、前回ブログを更新したの3ヶ月前なんて嘘だ…

 

 

 

今は無事に1学期目が終わり、3日前から2学期目に突入しました。

 

さて、今回は完全に日記です。特に決まったオーディエンスもなく、

 

自己満足なのでゆるゆるにマイペースに書きます( ・ω・ )

 

 

2週間あった春休みはあっという間に過ぎてしまいましたが、

 

2週間とは思えないくらい濃くてとっても思い出深いものでした。

 

理由としてはまず、貴生が日本から春休みを丸々使ってアメリカに来てくれたこと。

 

アメリカに来て初めてプチ国内旅行をしたこと。

 

PSUのキャンパス内に引きこもりがちなわたしと一緒に色々な場所に

 

出かけてくれたこと、など色々と新しい経験がたくさんありました。

 

 

 

貴生がポートランドに着いたのは3月20日の夜中11時半頃。

 

実はその次の日に最後の期末試験を控えていたので、

 

空港に4時間ほど早く行って(夜遅くに交通機関を使うと怪しい人しかいないので)

 

ガリガリ勉強していました(笑) 貴生に会える!!!とばっかり思ってたから

 

ほとんど集中できなかったけど(´・ω・`)

 

 

何回もフライトトラッカーで今どこらへんかなぁと確認したり、

 

ゲートを何度も確認したり、お手洗いに行って身だしなみを整えたりしてるうちに

 

4時間が過ぎて、掲示板には彼のフライトが到着したと表示。

 

 

やっと貴生がゲートから出てきた時、会えなかった辛さ、会えた嬉しさと

 

その間の感情全てが一気に込み上げてきて 普段嬉し泣きなど絶対にしない

 

わたしが、気付いたらピーピー泣いていました。嬉しかったなぁ。本当に。

 

 

 

翌日、期末の勉強をしている間に疲れてぐーすか寝ていた貴生は

 

なんと1日で時差ボケを治しましたとさ。わたしなんて2週間かかったよ。

 

f:id:midoriokuyama97:20180406151944j:plain

 

 

期末を無事に終えてやっと春休みが始まったところで、

 

ずっとやりたかったネイルをしました。

 

アメリカのネイルは日本に比べたら手順とかが雑だけど

 

単色で強力で持続性が抜群な上に安いので大満足(笑)

 

ウキウキな翠に着いてきてくれて、終わった後ワクワクも

 

おしゃべりも止まらない翠に全くしびれを切らさない貴生の寛容さよ。

 

爪アピールがすごい写真がこちら。

 

f:id:midoriokuyama97:20180406152658j:plain

 

 

そして、わたしの寮があるポートランドダウンタウンエリアに

 

2週間いるのはさすがに退屈だということで、1ヶ月ほど前に決めた

 

シアトル旅行に行ってきました。親と一緒に行った旅行以外の

 

アメリカ国内旅行は初めて。

 

ちなみにワシントン州は訪れたことのある州の

 

26州目でした!アメリカの半分制覇しました( ・ω・ )(笑)

 

 

Greyhoundという高速バスを使ってシアトルまで行ったのですが、まさかの

 

アナウンスなしの3時間遅れ。サービスは100点中20点くらいですね(笑)

 

 

予定より4時間ほど遅れてAirbnbに到着してすぐ寝て終わったシアトル1日目。

 

2日目は打って変わって朝から晴天。図書館がハリーポッターの撮影舞台だった

 

ことで有名な University of Washington にお花見をしに行きました。

 

 

ちょうど晴れていて、桜がほぼ満開の時期(それも日曜日)に行ったので

 

キャンパスが人で溢れかえっていましたが、そのキャンパスが本当に

 

広くて綺麗なんです。お城の敷地ですかって。

 

f:id:midoriokuyama97:20180406160156j:plain

f:id:midoriokuyama97:20180406160022j:plain

f:id:midoriokuyama97:20180406160207j:plain

f:id:midoriokuyama97:20180406160409j:plain

f:id:midoriokuyama97:20180406160416j:plain

 

春を実感できたことや2度目の貴生との旅行に

 

来れた嬉しさでふわふわしてました。

 

 

Linkというシアトルのライトレールに乗って次に訪れたのは

 

シアトルのウォーターフロントエリア。かの有名な

 

Pike Place Market や Seattle Great Wheel がある場所です。

 

 

わたしとは真逆で、花より団子な貴生は事前に食べたいものを

 

下調べしたらしく、さっそく嬉しそうに Ivar's Fish Bar という

 

Fish & Chips が有名なお店を見つけてはニヤニヤが止まらない様子。

 

実は花見の前に調べてあったハンバーガー屋さんで軽食をとってます。

 

Dick's Drive-In というところで、古き良きドライブイン形式のお店。

 

f:id:midoriokuyama97:20180406161216j:plain

 

 

Ivar's で頼んだのがこちら。隣ではたくさんのカモメが美味しそうに

 

このお皿をジーーーーーーーーーーっと見つめてます。

 

f:id:midoriokuyama97:20180406161322j:plain

 

f:id:midoriokuyama97:20180406161501j:plain

 

天気がよくぽかぽかしていて、美味しい食べ物にありつけて上機嫌なふたりは

 

さらに食べ物を求めて Pike Place Market へとっとこ歩きました。

 

 

既にお気付きでしょうがアメリカにまで会いに来てくれた貴生のもう一つの

 

目当ては明らかにグルメです(笑)

 

 

またもやこっそりとリサーチしたらしいお店を発見。

 

Beecher's Handmade Cheese は、『世界一美味しい Mac & Cheese』

 

を誇る老舗のチーズ屋さん。定番の Mac & Cheese を頼んだ貴生曰く、

 

f:id:midoriokuyama97:20180406162038j:plain

 

『世界一かどうかはわからないけど、確かに美味しい』

 

だそうです。なんやねん(笑) 

 

 

 

 3泊4日で気まぐれに行きたいところにふらっと行って

 

食べたいものをたくさん食べ、スケジュール通りどころか

 

ノープランでなんとかなるあたりがなんとも私たちらしい旅行でした。

 

 

お互い新学期が始まり、また遠距離再開で少し寂しいですが、

 

次に会える時のことを考えてモチベーションを上げていかなきゃ。

 

 

またお題が見つかったら更新します(笑)

 

それでは今回はここまで。

 

 

 

 

PSU Diary ① 孤独な2週間

f:id:midoriokuyama97:20180119105918j:plain

 

f:id:midoriokuyama97:20180119105656j:plain

 

お久しぶりです!

 

 

いつの間にか1月も後半にさしかかりました。

 

前回はゆるゆると秋セメの終わりに冬の乗り切り方に

 

ついて話していたのに、1ヶ月後の今、わたしはアメリカの

 

ポートランド州立大学で授業2週間目を終えたところです。

 

 

 

いやーーーーーー。正直こんなに最初の期間がキツいとは

 

思ってませんでした(笑)

 

最初の1週間は友達とわちゃわちゃと楽しい時間を過ごして

 

いたのです。問題なし。ちょっと食べ物が合わなかったくらい。

 

 

 

 

大学に来てからが怒涛の2週間の始まりでした。

 

オリエンテーションは半日で終わり、

 

そのあとは『あとは全部一人でやってね!』

 

って感じでノータッチ。冬季の留学生の扱い雑すぎじゃん…

 

 

 

 

くよくよ言ってても仕方がないから一人で近くのスーパーまで

 

歩いて、服を揃えて、大学内の施設も少しずつ見てみました。

 

小さい頃はアメリカ人は結構みんな優しい思い出しかなくて、

 

期待していた訳ではないけどその偏見が若干残ってたのが甘かった。

 

 

 

この2週間で接したスタバ店員や学内バイト中の

 

学生の態度の悪さ、対応の雑さ、日本では絶対に

 

考えられないような口の利き方をされたりして

 

子供には優しいけど20歳にもなったらそんな甘くないんだと

 

身をもって感じました。もちろん、みんながそんな感じじゃないんだよ。

 

すっごく親切な人もたくさんいるし、みんなすれ違うたびにニコッと

 

してくれます。何かしら英語やメガネやセーターを褒めてくれます。

 

 

 

ここに一人ではなくてAIU生と一緒に来ていたら、

 

または学校に知り合いや友達がいたら、まだ愚痴が言えたり

 

ちょっとうっぷんを晴らしにどこかにお茶しにいけたかも

 

しれないけど、

 

PSUには友達0人です。

 

寂しすぎて、毎日誰かに会いたかったけど

 

部屋にこもってずっとピーピー泣いてました(笑)

 

貴生にはその節はお世話になりました。

 

テレビ電話で急に泣き出してもじっと待って聞いて

 

くれる人がいるおかげで本当の意味で一人になることは

 

なかったと思います。本当にありがとう。

 

 

 

 

それでも授業にはそーっと恐る恐る入っていき、発言するのにも

 

全身に冷や汗をかいてしまうくらいの緊張具合。

 

仲良くなろうと思えば知らない人にでも話しかけられたアメリカの中学校時代の

 

人々とはうって違って大学生は生徒はあまり他の人と話さないのがネック。

 

英語が話せるとか話せないとか関係なく、

 

元から人見知りなので友達作りとかそういう雰囲気にならないなと

 

察したわたしはとりあえず毎日宿題だけはちゃんとやって

 

平気なふりをして、友達0のステータスをつい先日まで保っていました。

 

ここまで孤独な思いをしたのは初めてだったから、楽しい思い出を作って

 

全てに上塗りしてしまうのではなくて ちゃんと残しておこうと思います。

 

 

 

 

 

つい昨日、あるクラブの活動に飛び込み参加したことでいいコミュニティーに

 

出会えて、ここからなんとか輪を広げられそうになって安心です。

 

やっと!やっと友達できそう!!!(笑)

 

肩から3トンくらいの重荷がおろされた気分。

 

 

少し落ち着いたのでまたぼちぼち更新していきます ( ・ω・ )

 

ポートランドの〇〇事情、美味しいスポット紹介などを

 

できたらいいなって感じ。

 

というわけで生存報告と感想でした!

 

みなさん風邪とインフルには気をつけてね!

苦手な冬:わたし流の乗り切り方

f:id:midoriokuyama97:20171205175655j:plain

 

数日前にカレンダーを見て、今年の最後の月に

差し掛かったと気づいて驚愕していた翠です。

 

そろそろわたしを含む冬留学組が出発の準備に

追われる時期になってきました。

留学から帰ってくる人、出発する人の入れかわりが激しい

大学なのでさみしい気持ちになりがちです。

 

 

そのさみしい気持ちに追い打ちをかけてくるのが東北の冬の長さ

今年は初雪が11月中旬、そして雪どけが3月ということで

4ヶ月もあります。

 

 

 

ですが、わたしは人一倍という季節が苦手です。

なぜならばまず気分が上がらず、やる気が起きない、

しなければならないことには手がまわらず、

体調を崩しやすくなって 何ひとつできない自分を

責めて自己嫌悪の渦にはまってしまうから。

怠惰な性格のせいだと言われるかもしれませんが、

わたしの中の気分と季節の関連性はすごく強いんです。

季節性情動障害(SAD) 、とも言います。

 

 

去年、冬の寒さや暗さによって引き起こされたネガティブな感情が

自分の内側に向いてしまい非常に苦しい思いをしました。

  

 

 

今年はそんな思いはしたくない!と、

自分なりに実行してみた冬対策がこちら。

 

 

・常に温かい飲み物を持ち歩く

・寒い中で生活しない

・自分のための時間を多めにとる

・家にこもらずに人に会う

・容姿は二の次。暖かい格好をする

 

 

常に温かい飲み物を持ち歩く:

 

f:id:midoriokuyama97:20171205205716j:plain

 

安心感とか気分とかが全然違います。

家ではいつもココア、抹茶ラテ、コーヒーと牛乳をストックして

いつでも飲めるようにしています。

 

今日は同じ大学に通う親戚の家族が京都で経営しているカフェ ↓ ↓ 

 

www.verdi.jp

ヴェルディブレンドをいただきました。

どさくさに紛れてちゃっかり宣伝。

(本当に美味しいので京都にいる方、行く方は是非…☕️❤️)

美味しいコーヒーは世界を救いますね。

 

 

寒い中で生活しない:

 

f:id:midoriokuyama97:20171205213306j:plain

 

節約貯金うんぬんの前に、暖かい環境にいることが

どれだけ大事なことであるのかを実感しています。

 

寒いというだけで何もしていないのに無意識にストレスがたまり、

手足が冷え、血行が悪くなり、体にいいことなんてひとつも

ありません。

 

そのうえ、東北民は共感してくれると思いますが、

寒いと人と話す気がなくなります。

あまりにも寒いと口元を動かすことにも躊躇するのです。

(だから東北の方言は単語ひとつひとつが短いんだって!)

会話が少ないとなんだか気分も上がりづらいですよね。

 

 

・自分のための時間を多めにとる

 

f:id:midoriokuyama97:20171205213638j:plain

 

冬場に精神状態が左右されてしまう自分への対処法は

Me-time(自分のための自分だけの時間)を多めに

とることです。

 

なんらかの工作をしたり、日記を書いたり、

写真編集をしたりPinterestでクリエイティブな人々に

刺激をもらったりして自分ひとりの時間を設けるように

なってから落ち着きを取り戻せるようになってきました。

 

たまにどうしても一人になりたいときや勉強環境を変えたいときは

ふらっとスタバに立ち寄り、勉強しつつリラックスしています。

もちろん時間を取りすぎるのは逆効果なので気をつけていますが(笑)

 

 

・家にこもらずに人に会う

 

f:id:midoriokuyama97:20171205213541j:plain

 

これはひとつ前の箇条書きにある

『自分の時間を取りすぎ』た結果、こもりがちに

なってしまうことを防ぐための対策。

 

人に会いすぎるのは圧迫感につながり、でも

会わなさすぎると自分と向き合ってる時間が

凝縮されて濃ゆーくなって、がんじがらめに

なります。難しいわ(笑) 

 

適度に人に会うこと、何気ない会話をすることで

自分と人との間のバランスが取れるんだと思います。

 

・容姿は二の次。暖かい格好をする

 

f:id:midoriokuyama97:20171205214123j:plain

 

世の中はクリスマスコフレだとか冬の流行だとか

何かとざわつく12月ですが、一切、本当に一切

気にしないことにしています。

 

東北は極寒の地です。冬場は屋内にいても相当暖房が効いていないと

コートを脱ぐことがまずないので、ファッションはコートの可愛さで

勝負だと思います。そんなわたしは可愛さ < 暖かさ派ですが(笑)

 

セーターの下にはヒートテックを着込み、外に出るときは

体の中の『首(首、手首、足首、腰)』を完全に覆い、

家の中でもモコモコな靴下を履いて冷え防止しています。

 

 

 

 

こうして少しずつ冬嫌いな自分の扱い方と対処法を

知っていくことで例年よりもストレスフリーな冬季を

過ごせている翠です。もし偶然にも同じように

季節性の不安定さに悩んでいる方がいれば、

上記のことを試してみてください⛄️

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

始まったばかりの冬、暖かくして乗り切りましょう(^^)

 

 

明日もいい日になりますように。

残り1ヶ月!留学のあれこれ

毛布と飲み物が手放せない季節に突然放り込まれて、

 

心の準備がなかなかできていない翠です。

 

初雪観測から3日が経ちましたが

 

すでにぎっしりと積もっています❄️

 

 

前回の投稿いつだっけな〜と思って

 

久しぶりにページを開いたら…

 

…え…4ヶ月前…

 

気まぐれにもほどがある…😬

 

秋を完全にすっ飛ばしてしまいました。

 

 

 

 

そんな秋にわたしは何をしていたかというと

 

 

 

留学の準備

 

 

 

です。

 

実はあと36日で出国です。

 

 

 

いや早すぎ…ついていけない…

 

 

 

 

留学申請をしてから今まで

 

パスポート&TOEFLなどの提出

・授業選択

・残高審査

・住居申請

・保険加入

・クレジットカード・キャッシュパスポート申し込み

 

などの手続きが山ほどあってついていくのがやっとです。

 

 

 

これらが全てうまくいけば、12月28日には

 

アメリカのオレゴン州ポートランドにある

 

ポートランド州立大学に留学するために出国します。

 

そのポートランドという都市が「アメリカで最も住みたい街」であるほかに、

 

地産地消を全面推進、地域に還元されるビジネスなどを活発に

 

行っている都市の成功事例だとか。

 

環境・教育に興味があるわたしにとって留学先として

 

すっっっっっっごくふさわしいんじゃないか…?

 

素敵すぎないか…?って思うとワクワクが止まりません。

 

 

 

 

そんなポートランドはこんな感じの街(らしい)。

 

f:id:midoriokuyama97:20171123190226j:plain

 

 

f:id:midoriokuyama97:20171123190240j:plain

 

 

f:id:midoriokuyama97:20171123190617j:plain

 

この Powell's Books という本屋さんは独立経営されている

 

書店で世界一の規模を誇るんだって。

 

本屋に一日中いられるくらい本屋が好きなので

 

必ず行かねば…❤️

 

f:id:midoriokuyama97:20171123190622j:plain

 

 

f:id:midoriokuyama97:20171123190626j:plain

 

自然と都会が融合されているポートランドは、

 

アート、コーヒー、クラフトビール、アウトドアアクティビティが

 

有名で 多様性で溢れる街、と何を調べても読んでも出てきます。

 

 

 

もう少し時間が経ったら、行きたい場所やしたいことを

 

リストにまとめてモチベーションをあげていきたい。

 

 そしてこれからはちゃんと定期更新して、留学中に

 

見たもの、聞いたもの、食べたもの、その他もろもろの

 

記録を残していけるようにアップデート頑張ります( ・ω・ )(笑)

 

 

 

 

明日もいい日になりますように。

アロハ3兄弟に5分間で教わったこと

大空がからりと晴れ渡ることを、

碧落一洗(へきらくいっせん)というらしい。


少し前まで肌寒かった秋田にも、

そんな晴れ渡る空とともに夏が来ました。




授業後にアイスを食べたり、ピクニック気分で

外でおしゃべりしたりして期末前の忙しい日々も

楽しく過ごせています。

 


最近は夜の涼しさがちょうどいい。

昨日は満月で、月がすごく明るくて綺麗でした。

新月が近づいたら天体観測したいな。



晴天の今日、ちょっと笑顔になる出来事がありました。

 



外は今季最高気温かもしれない32℃なのに今日の
お昼に食べる熱々のパスタを茹でて後悔し始めていた時、
後輩から『今暇ですか?』というメッセージが。

 


なんだろう、と思って見てみると、
『服が被ったので写真を撮ってください』とのこと。


…どゆことや。(笑)

 


コンロの火を消し、カメラを持ち、外に出向く。

 



部屋から出た途端、熱い空気がもわぁんと押し寄せてきた。
キャンパスを歩く人々はすっかり夏の格好をしていて
あぁ、夏が来たんだなあ、と実感する。

 


『みどりさぁぁぁぁぁぁん!』

 


呼ばれた方向をみると数十メートル先に人が立っていて、
手をぶんぶんと大きく振っている。異様に目立つ3人組がいる。

 

思わず顔がほころぶ。



どうやら3人中2人のアロハシャツが被ったらしく、
3人目も道連れにしてアロハコーデにしたようだ。
…kっ…かわいい…

 



記念に写真を撮ってほしくて呼ばれたわけだな。
どんとこい。

 

 

 

f:id:midoriokuyama97:20170710211522j:plain

アロハ3兄弟

 

 

f:id:midoriokuyama97:20170710211442j:plain

ロミオの主役感が否めない

 

 

f:id:midoriokuyama97:20170710211510j:plain

夏が伝わってくる一枚

 

 

 

f:id:midoriokuyama97:20170710211323j:plain

ペアルックできて嬉しそうな2人。仲良い夫婦か(笑)

 

 

 

AIUは来週、再来週あたりから期末試験があります。

それに加え学期末恒例のホームシックや

やる気が低迷した状態が重なって、

気分が上がらない人が多いんじゃないかな。

 

そんなちょっと疲れた空気が漂うAIU

突然開催された5分ほどの撮影会。

 

 

閉鎖的な環境でたくさんの課題や締め切りに

追われると、イライラや負の感情が表面化

してしまいがち。でも、今日みたいに5分間だけでも

楽しいことがあると、悪いのは環境ではなくて

自分の気の持ちようなのだと改めて気付かされます。

 

 

The ball is in your court.

条件は揃っているんだから、

これからどうするのかは自分次第。

 

 

環境のことを言ってたってどうにもならないのなら、

5分間の楽しさやおもしろさをもっと探そう。

そんな風に思えました。

 

 

 

アロハシャツを着た 少しアホで、とってもおもしろくて、

眩しいくらいに明るい3人に元気をもらった話。

 

7月末までにどのくらいの5分間エピソードを見つけられるか

楽しみになってきました。

 

 

 

明日もいい日でありますように。